2013年03月22日

ジャンクギター(GrassRoots)改造記【12】部品購入

KIMG0023.jpg
フレットすり合わせを何度もやり直し、なんとか妥協できるレベルになった。
完璧にはならないね・・・orz

ポジションマークが無いと弾きにくいので、
マスキングテープを小さく切って、ESPのHORIZON風に貼ってみた。
なかなかいい感じw

とりあえずオクターブチューニングするかな、ってことで、
シールド繋いで音がだせるように配線することにした。

稼ぎが減り、毎月の小遣いも減らされてしまったので、
厳選して4点だけ部品を購入した。

KIMG0014.jpg
1、CTS製ポット 500KΩ Aカーブ クライオ処理
クライオ処理が何なのか知らんけど、なんかかっこいい感じがしたのでコレにしたw
値段も普通のポットと200円差ぐらいだったはず。

2、SWICTHCRAFT製モノラルジャック
まぁ定番パーツですな。

3、FRT KEY INTONATING TOOL(FRT用オクターブ調整ツール)
フロイドのオクターブ調整ってとにかく面倒くさい。
これがあれば多少ラクになるかなー、ってことで購入。
しかしこれ高すぎだろw


KIMG0019.jpg
4、Floyd Rose テンションバー(クローム)
ヤフオクで購入。これを見つけるのにけっこう時間がかかった。
このグラスルーツに付いていたテンションバーは約44ミリ(ネジ間約30.5ミリ)で
全長が少し短くて、ネジ間は少し広いタイプ。
よく売られているSCUDやGOTOH製は、ほとんどが47.5ミリ(ネジ間28.5ミリ)。
中古しかないかなぁ、と思ってたんだけど、バルク新品が買えてラッキーだった。




無題.jpg
Seymour Duncan - Wiring Diagramsより
1Humbucker、1Volume

KIMG0018.jpg
今回は、とりあえず音が出せればいいのでシンプルな配線。
何の問題もなく音出し成功。

オクターブチューニングしてみたけど、なんか納得いかない。
6弦はサドルをめいっぱい下げないと合わなかったんだけど、
後ろのボルトがボディと当たるので、ザグリを広げなきゃいけないっぽいorz

アーム使うとチューニングが微妙に狂うし、やっぱ安物のブリッジじゃダメかぁ…
スタッドだけ元々付いていたグラスルーツの物に変えてみたら少しだけ良くなった。
1万円ぐらい出してGOTOH製かSCUD製を買うか、2万ちょい出して本物のFloyd Roseを買うか、
今後の悩みのタネがまた1つ増えてしまった。


KIMG0028.jpg
KIMG0026.jpg
現状で足りない部品
・ペグ 3:3タイプ
・フロント ピックアップ
・3wayセレクター
・タップ用スイッチ
・ボリュームノブ(インチ)


改造始めてから1年経ったけど、まだ未完成…
もうしばらくかかりそうだw


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/349933992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トップページ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデル(車・バイク)へ
にほんブログ村


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。